送信中です
受信中です

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータルは世界のプライバシー保護法制およびIT対応を支援する情報や機能を提供しています。

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 「従業員はCCPA適用除外」など、CCPA修正法案の審議進む
2019/04/25
「従業員はCCPA適用除外」など、CCPA修正法案の審議進む
「従業員はCCPA適用除外」など、CCPA修正法案の審議進む
 
カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)については、来年の施行を前に、秋以降、州司法長官が法運用に必要なガイダンス等を作成することになっている。これに先立ち、カリフォルニア州議会下院のプライバシー・消費者保護委員会が、4月23日、同州の消費者プライバシー法(CCPA)について疑義を明らかにし、提出された修正法案をスクリーニングする作業を開始した。
 
エド・チョー議長が提案し、委員会で承認された修正法案AB25では、従業員は、CCPA適用上、消費者ではないとされた。
 
ジャック・アーウィン下院議員が提案し、委員会で承認された修正法案AB873は、個人情報の定義を修正し、特定の個人または家計を関連づけ得る情報すべてではなく、合理的に(reasonably)関連づけ得る情報に限定した。同修正法案は、さらに、
この記事は会員限定です。
ログインもしくは会員登録をすると、全ての会員限定記事をお読みいただけます。
   
GDPR等の最新動向と対策なら IIJビジネスリスクマネジメントポータル
  記事一覧へ