送信中です
受信中です

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータルは世界のプライバシー保護法制およびIT対応を支援する情報や機能を提供しています。

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 米国下院、連邦法によるプライバシー保護に関する公聴会  -もはや連邦法の是非ではなく、その内容が議論に
2019/02/28
米国下院、連邦法によるプライバシー保護に関する公聴会  -もはや連邦法の是非ではなく、その内容が議論に
米国下院、連邦法によるプライバシー保護に関する公聴会  -もはや連邦法の是非ではなく、その内容が議論にー
 
2月26日、米国下院エネルギー商業委員会が「ビッグデータ時代の消費者プライバシー保護」についての公聴会を実施し、産業界や保護団体関係者が「連邦プライバシー法」について証言した。議員の関心は、もはや連邦法を制定すべきか否かではなく、どのような連邦法を制定すべきかとなった。
今回の公聴会にて注目された発言は以下のとおり。
  (マイノリティーや低所得者)連邦法には、GDPRのように、アクセス権、訂正権を含むべきである。特に、これらの人々は・・・
この記事は会員限定です。
ログインもしくは会員登録をすると、全ての会員限定記事をお読みいただけます。
   
GDPR等の最新動向と対策なら IIJビジネスリスクマネジメントポータル
  記事一覧へ