送信中です
受信中です

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータルは世界のプライバシー保護法制およびIT対応を支援する情報や機能を提供しています。

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 日本企業のクッキー利用情報開示は不十分? EU・米国の規制強化の中で、対応に遅れ
ニュース
2019/02/26
日本企業のクッキー利用情報開示は不十分? EU・米国の規制強化の中で、対応に遅れ
日本企業のクッキー利用情報開示は不十分?
EU・米国の規制強化の中で、対応に遅れ
 
本日付日本経済新聞で、消費者向けウェブサイトを運営する主要100社について、同社がクッキー処理によるデータ提供先を明示しているかどうかを調査した結果、約9割のサイトが外部にデータを提供する一方、データ提供先について閲覧者に情報提供しているサイトは半分もなかったとする記事が掲載された。
 
わが国のクッキー規制は、欧米と比較すると極めて緩やかである。欧州では、e-Privacy Directiveと各国施行法およびGDPRにより、クッキーやモバイル端末識別子は個人データとして規制対象となり、マーケティング・広告目的でこれらの識別子を利用する場合、その処理目的・方法、開示先、保持期限などについて情報提供した上で、利用者のオプトイン同意を得なければならない。米国でも昨年6月に制定されたカリフォルニア州消費者プライバシー保護法は、・・・
この記事は会員限定です。
ログインもしくは会員登録をすると、全ての会員限定記事をお読みいただけます。
   
GDPR等の最新動向と対策なら IIJビジネスリスクマネジメントポータル
  記事一覧へ