送信中です
受信中です

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータルは世界のプライバシー保護法制およびIT対応を支援する情報や機能を提供しています。

  1. トップ
  2. ニュース
  3. カリフォルニア州下院でCCPA公聴会-規制範囲の定義が広すぎる、民事訴訟権拡大への賛否などー
2019/02/22
カリフォルニア州下院でCCPA公聴会-規制範囲の定義が広すぎる、民事訴訟権拡大への賛否などー
カリフォルニア州下院でCCPA公聴会-規制範囲の定義が広すぎる、民事訴訟権拡大への賛否などー
 
2月20日、カリフォルニア州下院プライバシー消費者保護委員会が消費者プライバシー法(CCPA)に関する公聴会を開催し、州商工会議所、州小売業協会、アメリカ自由人権協会(ACLU)の代表をはじめ、有識者が同法について意見を述べた。
多くの企業がEUのGDPR遵守に苦労したが、CCPAは複雑な法律で、多くの企業の遵守レベルは期待に達していないこと、個人データの定義において用いられる家計(household)の概念が曖昧であること、消費者の定義が広すぎるため、従業員のデータが形式的には定義に含まれることなどが問題を複雑にしていること、現行法の定義では、企業が保有するすべてのデータが法の規制対象となること、消費者にとっては企業間の個人情報共有のしくみを理解するのが困難で、情報提供と同意という保護の枠組みが機能しにくいことなどの意見が述べられた。
一方、CCPAを執行する・・・
この記事は会員限定です。
ログインもしくは会員登録をすると、全ての会員限定記事をお読みいただけます。
   
GDPR等の最新動向と対策なら IIJビジネスリスクマネジメントポータル
  記事一覧へ