送信中です
受信中です

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータルは世界のプライバシー保護法制およびIT対応を支援する情報や機能を提供しています。

  1. トップ
  2. ニュース
  3. マイクロソフトが広範囲かつ内密な個人データ収集により巨額制裁金対象の可能性
ニュース
2018/11/19
マイクロソフトが広範囲かつ内密な個人データ収集により巨額制裁金対象の可能性
マイクロソフトが広範囲かつ内密な個人データ収集により巨額制裁金対象の可能性  -オランダ当局がOfficeのDPIAを実施-
 
オランダ法務省が委託したMicrosoft Office に関するデータ保護影響評価(DPIA)が2018年11月5日付けで報告された。同報告は、Microsoft Office が「広範囲かつユーザーに知りえぬ手段」で収集した診断データ(diagnostic data:遠隔で収集するデータを含む)を保存していることについて、大きなリスクがあるとする。
オランダ政府では、・・・
この記事は会員限定です。
ログインもしくは会員登録をすると、全ての会員限定記事をお読みいただけます。
   
GDPR等の最新動向と対策なら IIJビジネスリスクマネジメントポータル
  記事一覧へ