送信中です
受信中です

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータルは世界のプライバシー保護法制およびIT対応を支援する情報や機能を提供しています。

  1. トップ
  2. ニュース
  3. ネット広告大手にGDPR違反の苦情申立
ニュース
2018/11/09
ネット広告大手にGDPR違反の苦情申立
1990年に設立され、ロンドンに本拠地をおくプライバシー保護団体のPrivacy International(以下「PI」)は、現地時間11月8日、ネット広告大手のCriteo、Quantcast、Tapadの3社が行う行動ターゲティング広告事業(behavioural advertising)について、英国、フランス、アイルランドのデータ保護監督機関に対して苦情申立を行った。
PIは、これら3社による行動ターゲティング広告事業に伴う個人データ処理は、適法根拠を欠き、透明・公正・目的限定・データ最小限など、GDPRが規定する個人データ処理の原則に違反しデータ保護監督機関が詳細な調査を行うべきであると訴えている。
PIは、今回苦情申立の対象とした3社に限らず、ネット広告業界全体の個人データ処理のGDPR遵守を疑問視し、データ保護監督機関に対して適切な措置を求めており、cookie、web・・・
この記事は会員限定です。
ログインもしくは会員登録をすると、全ての会員限定記事をお読みいただけます。
   
GDPR等の最新動向と対策なら IIJビジネスリスクマネジメントポータル
  記事一覧へ