送信中です
受信中です

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータルは世界のプライバシー保護法制およびIT対応を支援する情報や機能を提供しています。

  1. トップ
  2. ニュース
  3. インテル、連邦プライバシー法草案を公開  -イノベーション促進には連邦統一ルールが必要―
ニュース
2018/11/09
インテル、連邦プライバシー法草案を公開  -イノベーション促進には連邦統一ルールが必要―
インテル、連邦プライバシー法草案を公開  -イノベーション促進には連邦統一ルールが必要―
 
インテルが、企業および非営利団体を対象とする個人データ保護のための連邦法草案を公開し、意見を募集している。
 
コンピューティングパワーと分析技術の飛躍的な向上により、精密医療、運転補助、生産性向上、生活の安全などの分野でのAIなど新技術活用が期待される一方、これらの新技術活用におけるプライバシー保護の必要性も高まっていることから、同社は、自由・イノベーション・起業家精神という米国の基本価値と調和するプライバシー保護法制の必要性を訴え、州ごとのパッチワークのような規制ではなく、連邦法による統一ルールがイノベーションのポテンシャルを最大限に発揮するために必須であると主張する。
 
同社は、世界のプライバシー法制は、OECDの「公正情報実施原則」(Fair Information Practice Principles)が基調をなしているとし、同社草案もこれを範とした。草案の概要は以下の通り。
 
(1) 個人データ利用に伴うリスクを個人に正確に知らせ、リスクを知った上での・・・
この記事は会員限定です。
ログインもしくは会員登録をすると、全ての会員限定記事をお読みいただけます。
   
GDPR等の最新動向と対策なら IIJビジネスリスクマネジメントポータル
  記事一覧へ