送信中です
受信中です

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータルは世界のプライバシー保護法制およびIT対応を支援する情報や機能を提供しています。

  1. トップ
  2. ニュース
  3. EU理事会、ePrivacy Regulationドラフト修正案公開
2018/07/12
EU理事会、ePrivacy Regulationドラフト修正案公開
EUの政策決定機関である欧州連合理事会(Council of the European Union)は、7月10日、ePrivacy Regulation(以下「規則」)のドラフト修正案を公開した。7月17日に開催される欧州連合理事会電気通信委員会(WP TELE)で議論される。修正されたのは第6,8,10条の条文と関連する前文条項。電気通信事業者ではない一般事業者にとっては、webサイトのcookie利用に関する第8条および関連する前文(第20-24項)の修正が注目すべき点。以下に重要なポイントを解説する。
 (1) 行動ターゲティング広告のためのcookie利用に対する同意について
 これまでの規則ドラフトでは、cookieや「デバイスフィンガープリント」など、個人が利用するブラウザやモバイル端末を識別する識別子を手がかりにサービス利用者のネット上の行動をトラッキングするためには、目的を限定した上で利用者の同意が必要であるとされていたが、今回の修正案では、(1)cookieなどの識別子の利用について同意を得る責任は、・・・

この記事は会員限定です。
ログインもしくは会員登録をすると、全ての会員限定記事をお読みいただけます。
   
GDPR等の最新動向と対策なら IIJビジネスリスクマネジメントポータル
  記事一覧へ