送信中です
受信中です

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータルは世界のプライバシー保護法制およびIT対応を支援する情報や機能を提供しています。

  1. トップ
  2. 特集・連載
  3. 【3月12日更新】カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の概要と今後の見通し
特集・連載
解説:カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)
【3月12日更新】カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の概要と今後の見通し
CCPAはカリフォルニア州法ですが、その対象企業に制限がないため、米国企業のみならず日本企業もCCPAの対象となり得ます。特にカリフォルニア州の消費者に対してリターゲティング広告を行っていたり、ソーシャルメディアのプラグインを埋め込んでいるWebサイトやモバイルアプリを提供している日本企業は、法律面、システム面の両面においてCCPA対応が必要になる可能性があります。・・・
この記事は有料会員限定です。
ログインもしくは有料会員への会員登録をすると、全ての有料会員限定記事をお読みいただけます。
   
GDPR等の最新動向と対策なら IIJビジネスリスクマネジメントポータル
  記事一覧へ  
特集・連載